インフィニット・ラグランジュ-オリジナル世界観 新感覚戦略ゲーム
オリジナル世界観 新感覚戦略ゲーム

Infinite Lagrange - Official Worldwide Website

Copyright information ©1997-2021

中核星系に帰還

開拓者の皆様が開拓を完了し、新たな星系でスターゲートを建造すると、スターゲートを通って中核星系に帰還できるようになります。
これはラグランジュ ネットワーク内に、安定した双方向開拓チャンネルが新たに完成したことを意味します。
中核星系に帰還した開拓者の皆様は、今後パイオニア ゲートを利用してラグランジュ ネットワークから別の開拓星系を選び、さらに広大な宇宙空間で引き続き探索と征服を楽しめるようになります。
中核星系では開拓者ユニオンがアントンタスに駐留でき、ドーン協定条約機構が星系開拓評価の結果をもとにユニオン名声Ptのボーナスを配布します。
十分なユニオン名声Ptを獲得したユニオンは、アントンタス内にあるオンリーワンの眺めのいい土地をユニオン本部にして、都市区域でしか見られない景色を楽しめます。
また、ユニオンメンバーはユニオンの本部で開拓経験を語り合ったり休んだりして、次回の星系開拓のために英気を養うことができます。
ユニオンが中核星系を離れて開拓に向かう間も、ユニオン本部はそのまま残ります。

新たな星系の発見(トロヤ結晶体採取協定)

中核星系での休養を終えた開拓者は、「トロヤ結晶体採取協定」に署名することで、より高いグレードの星系――トロヤ星系での開拓に向かうことができます。
トロヤ星系に分布するトロヤ結晶体は、688番元素を工業的に合成するために必要な複合触媒を製錬・抽出できる極めて重要かつ希少な鉱物資源です。
トロヤ結晶体が豊富に分布する星系はごくわずかです。
そのため、トロヤ結晶体の採取は星系で最も重要な開拓目標であり、採取状況は星系の情勢と開拓評価に直接影響します。

新たな星系の発見(星系互恵協定)

「ドーン協定」第一段階を終えた開拓者の皆様が新しい星系に向かう際は、「ノード復帰協定」と「星系互恵協定」の2大協定がある星系を選ぶことができます。その星系では、開拓者はまず星系内のスターゲートを修復・占領することを目的とした「ノード復帰協定」に署名します。

しかし星系開拓の進展に伴って、皆様の一部には「星系互恵協定」に署名して星系の既存勢力に味方し、旧勢力のスターゲート防衛に貢献して勝利を得る道が開かれます。

サーバー間通信

ラグランジュ ネットワークが再び開通したことに伴い、開拓者の皆様は基地を「星系間通信ステーション」とドッキングできるようになりました。
これにより他の星系に星系間通信のメッセージを送り、他の星系で活動する開拓者たちと交流することができます。
また、開拓者の皆様はラグランジュ システムで他の星系の開拓や評価状況を確認することもできるため、各星系の動きを把握しやすくなりました。

特色图

特色图
特色图
特色图

特色图
特色图
特色图

特色图
特色图
特色图

特色图
特色图
特色图

特色图
特色图
特色图

特色图
特色图
特色图

特色图
特色图