无尽的拉格朗日·艾格勒姆星域开放

PART 1

史料によると、エイグラム星域は旧帝国時代、ラグランジュ ネットワークの一大ハブ ノードでした。そこは3つの恒星による特殊で安定した三角形構造をなしています。

旧帝国成立時より、星域はチュー・シロー クランとその配下の3勢力によって共同で運営されていました。この星域は3つの恒星系に恵まれ、資源が非常に豊富なため、たくさんの巨大な宇宙都市が建設されました。星域内にはまた想像を遙かに超えた3つの恒星系を結ぶ巨大なネットワークが構築され、旧帝国時代に最も繁栄した中枢星域の一つだったようです。

PART 2

しかし銀河戦争後期、ここで重大なワープ共鳴が発生し、星域全体が壊滅的なダメージを負いました。ワープ共鳴の影響を封じ込めるため、ここに通じるスターゲートは閉鎖を余儀なくされ、エイグラムもラグランジュ ネットワークから切り離されました。

それ以来、このかつて繁栄した歴史ある星域内部の様子が外部に知られることはなくなりました。

PART 3

最近になって、ノマ シッピング グループがエイグラム星域へのスターゲートを再起動し、数十の探査隊を組織してエイグラムのトライアングル エリア深くへ探査を行いました。これほどの巨費を投じてエイグラム星域のスターゲートを修復したのは、エイグラム星域の状況を調査して同星域の歴史資料を把握し、有用そうな中枢共振点のデータを探すためです。

PART 4

しかしトライアングル エリアの複雑な環境に阻まれ、探査隊の探査や収集は難航しています。

このためノマ シッピング グループは『エイグラム探検協定』を発表し、経験豊富な開拓者を募っています。開拓者はチームを組んでエイグラム星域に向かい、旧帝国遺跡を探索して旧帝国時代の貴重な資産を収集し、中枢ラグランジュ点の情報を探します。"

トライアングル エリアでの航行

エイグラム星域内の曲率は極めて不規則で、ワープ航行を行おうとした艦船はことごとく不安定な空間曲率に引き裂かれてしまうでしょう。

そのため、内部に入る艦隊はワープ航行を始動できず、通常航行モードに頼ることになります。さらに、不安定な曲率はエンジンや計器の故障を引き起こすことがあるため、どんなに経験豊富な司令官であっては、油断してはなりません。

司令官は新しい星域環境の中、ワープ航行モードのない状況で探索と行動を行う方法を学ぶ必要があり、これまでとは一線を画す航行体験、全く新しい探索と試練を体感することでしょう。

高速天体への攻撃

画像は、小惑星に停泊中のある探検艦隊が正面からの高速飛行天体に遭遇し、自己防衛のためにやむを得ず攻撃を加えている様子です。

エイグラム星域のトライアングル エリア内には、不安定な空間曲率の影響により、不規則に高速で運行する小型の天体が数多く存在します。サイズは直径2kmから7kmの間で、運動速度が速い上に軌道予測が困難です。

探検の道中、艦隊がこのような高速天体と遭遇し、交戦に突入することがあります。艦船の武器の火力が十分に高ければ小惑星を破壊して衝突を免れますが、そうでなければ艦隊は高速天体に激突され大きな損害を被るでしょう。

part1
part2
part3
part4
img
01/04

遺跡内部の探索

img

一隻の支援艦が遺跡の奥で探索を行っています。恒星の光は巨大な遺跡に遮られ、辺りは真っ暗です。船の遠距離サーチライトだけが遺跡の一部を照らしています。

もし船側に立って外を眺めたなら、遺跡の巨大さがありありと感じられるはずです。古の存在はまるで太古の神話の巨人のように、冷たく静かに後世の訪問者を見下ろしているのです。

img
02/04

旧帝国の遺跡

img

画像はノマ探検隊からの映像データです。

数十名の宇宙考古学者がこの映像を分析したところ、エイグラム星域に旧帝国に関係する遺跡が存在することがわかりました。

同時に、考古学者らはエイグラム星域が旧帝国時代に栄えた貿易地区の可能性が高いと推測しています。ここには当時数多くの豪華で壮麗な帝国建築が立ち並んでいたと思われますが、後に戦争や災害により壊滅しました。 帝国の解体に伴い、この区域も外界から完全に忘れ去られ、「失われた星域」となったのです。

しかし、これまで同星域に関する史料の記述が発見できておらず、この説を裏付けることは困難です。この星域の当時の姿を知るためには、星域の奥深くまでフィールドワークを行い、データを発見するしかありません。

img
03/04

旧帝国遺跡の貴重
な資産をめぐる争奪

img

画像は遺跡の中で発生した熾烈な艦隊戦の様子です。双方の艦隊とも、ノマ シッピング設計のエディアカラ級支援艦を主力としています。

この戦いは開拓者間で旧帝国遺跡の貴重な資産をめぐって勃発しました。無秩序なエイグラム トライアングルの中では、開拓者たちは複数の方法で資産を獲得することが許可されています――遺跡から収集するか、もしくは他の開拓者の艦隊から「鹵獲」するかです。

img
04/04

UAVによる残骸回収

img

画像は数機の汎用UAVが大型艦船の残骸から回収可能な資源を探している様子です。

エイグラムのトライアングル エリア内には大量の艦船残骸や壊れた遺跡の破片が漂っています。探検に入った艦隊はこれらの残骸や破片から利用可能な資源やアイテムを回収できます。もっとも、注意深く航行しなければ、あなたの艦隊も残骸の一部になってしまうでしょう。

img
img
img
PART 1

"この塗装は旧帝国時代の絵画『聖家族王立艦隊のウェストス スペースポート上陸』にインスパイアされたものです。"

記録によれば、ノマ社のある探検艦隊が曲率の不安定なエイグラム星域で数々の試練に苦しみながら、巨大な旧帝国の遺跡を発見したそうです。

探検隊はそこで数百の旧帝国遺跡群を見つけ、大量の旧帝国時代の芸術品を発掘しました。その中の一つが『聖家族王立艦隊のウェストス スペースポート上陸』です。

絵の中に描かれているのは、まさしくワープ共鳴に見舞われる前の繁栄したエイグラムの姿です。

PART 2

この古い絵画から、私たちは旧帝国絶頂期の輝きを窺い知ることができます。ありし日の栄光が過ぎ去り幾千万の月日が流れましたが、芸術作品はそれをありありと伝えてくれるのです。数千年前に滅びた帝国、この史上最大の勢力は、果たしてどれほどの失われた秘密を今も人知れず隠し持っているのでしょうか?

この発見を記念し、艦船デザイナーのニーニェル・Kは「旧帝国の残光」をモチーフに艦船礼装をデザインし、この作品を礼装のコンセプトに取り入れました。これがその姿です。

img
img
img
img
img
img
img

ご期待ください